第35回九州分析化学若手の会夏季セミナーのご案内

第35回九州分析化学若手の会夏季セミナーを以下の要領で開催いたします。会場は原鶴温泉 ホテルパーレンス小野屋です。
筑後川が一望できるお部屋や開放的な露天風呂・安らげる畳風呂の内湯が魅力です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  主催:    九州分析化学若手の会・日本分析化学会九州支部

  日時:    2017年7月28日(金)~2017年7月29日(土)  <1泊2日>

  会場:    ホテルパーレンス小野屋(福岡県朝倉市杷木久喜宮1841-1)
         アクセスのページをご覧ください。

  内容:    分析化学に関する若手研究者間の勉強会・講演会
           ○ 招待講演 2件
               1.吉本 敬太郎 先生(東京大学、JSTさきがけ)
                   「大規模配列解析と高性能分離場を利用する核酸アプタマーの選抜」
               2.真栄城 正寿 先生(北海道大学)
                   「マイクロ・ナノデバイスを用いた生体分子測定法の開発と応用」
           ○ 九州分析化学奨励賞授与式・受賞講演 2件
               1.中野 雄太(九州大学)
                   「レーザーイオン化質量分析のための極限超短光パルス発生と計測に関する研究」
               2.廣田 和敏(熊本大学)
                   「大気環境中の植物起源・人為起源揮発性有機化合物に関する研究」
           ○ 九州分析化学ポスター賞授与式・模範ポスター発表 4件
               1.Willy Cahya Nugraha(熊本大学)
                   「Analytical Method for Differentiate Cr(VI) and Cr(III) in Soil Extract by
                    Graphite Furnace Atomic Absorption Spectrometry」
               2.弥永 洋平(九州大学)
                   「疎水性相互作用制御による金ナノ粒子単層膜構造の特評評価」
               3.中島 生羽(九州工業大学)
                   「カテプシンBの電気化学的検出を目指したフェロセン化ペプチド修飾電極の評価」
               4.網屋 祐輔(九州大学)
                   「MALDI-MS法による血中ペプチドの高感度検出」
           ○ 一般ポスター発表(優秀ポスター発表者には九州分析化学若手賞を授与)
           ○ 総会
           ○ 情報・意見交換会
         詳細はプログラムのページをご覧ください。

  参加費:   一般               ¥9,500
         学生(日本分析化学会 学生会員) ¥8,500
         学生(日本分析化学会 非会員)  ¥9,000
         参加費の支払い方法については、連絡事項のページをご覧ください。

  参加申込:  2017年5月22日(月)~2017年6月30日(金)  ※定員150名になり次第締め切ります。
         参加・講演申込のページをご覧ください。(締め切りました)

  講演申込:  2017年5月22日(月)~2017年6月30日(金)
         参加・講演申込のページをご覧ください。(締め切りました)

  要旨提出:  2017年5月22日(月)~2017年6月30日(金)
         講演要旨のページをご覧ください。(締め切りました)

  問い合せ先: 〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
         佐賀大学大学院大学院工学系研究科循環物質化学専攻
         第35回九州分析化学若手の会夏季セミナー 世話人 梅木辰也
         Tel:0952-28-8555   E-mail:umecky [at] cc.saga-u.ac.jp ([at]は@に置きかえてください)